在宅小児療養者を支える訪問看護研修
【第1回】

  • 障害
  • 子ども
  • 医療福祉
  • 2020年9月18日 更新
  • NEW

地域包括ケアシステムの重要な役割を担う訪問看護の専門性を高めることを目的とした研修です。在宅小児療養者への訪問看護について、体系的に学べる全2回の研修となっております。
動画視聴による研修です。小児の訪問看護が未経験の方、これから看護師をめざす方は、是非ご受講ください。1回ごとにお申込みができます。

日時

2020年10月12日 10時00分 ~ 2020年10月30日 17時00分
動画視聴期間 ※講義時間3時間程度

定員/申込数

40名(先着順) /16名

内容、講師

(1)世田谷区における医療的ケアを必要とする在宅小児療養者の現状
   訪問看護に期待すること
   横川 美江子氏(障害保健福祉課障害保健福祉担当係長)
(2)在宅小児療養者に多くみられる疾患と症状の理解 
   中村 知夫氏 (国立成育医療研究センター総合診療部在宅診療科医長、
           医療連携・患者支援センター在宅医療支援室室長)
(3)骨折予防に重点をおいた移乗介助・更衣・ポジショニング
   太田 博美氏(東京リハビリ訪問看護ステーション キッズ世田谷 理学療法士)

対象者

(1)訪問看護ステーションに従事している看護師 
(2)看護師、准看護師の資格をもち、訪問看護の仕事に関心のある方
(3)看護師をめざしている方 など
 ※申込み時に入力する事業所番号がない場合は、「0000」をご入力ください。

申込み締切

10月5日(月)

募集案内

こちらもチェック!

社会福祉法人 世田谷区社会福祉事業団世田谷区福祉人材育成・研修センター

  • 〒156-0043 東京都世田谷区松原6-37-10 世田谷区立保健医療福祉総合プラザ1階
  • 03-6379-4280
メニュー