医療・福祉連携研修「自立支援・重度化防止における臨床検査データの活用」

  • 高齢
  • 医療福祉
  • 2022年1月21日 更新
  • ×受付終了

施設ケアや在宅ケア等で、協力病院やかかりつけ医から情報提供される臨床検査データを目にする機会は比較的多く見られます。この臨床検査データが示す意味(サイン)についての知識を深め、データを読み解き、身体の内部で起こっている生理現象を的確に捉えることで、利用者に対する健康管理や自立支援・重度化防止に向けたケアに繋げていくことを目的とします。
※Web会議システムの「Zoom」を使い研修を実施します。研修を受講する環境がない方やご不明な点は研修センターまでご連絡ください。

日時

2022年1月14日 18時30分 ~ 20時30分
※1月14日はオンライン研修、1月21日~2月18日は動画視聴研修(両方の申込み可) ★詳細は募集案内をご確認ください。

定員/申込数

155名 /153名

講師

山口 潔 氏(医療法人社団創福会 ふくろうクリニック等々力 院長)

対象者

世田谷区内でサービスを提供している医療・福祉事業所の職員

申込み締切

令和4年1月5日(水)

募集案内

こちらもチェック!

社会福祉法人 世田谷区社会福祉事業団世田谷区福祉人材育成・研修センター

  • 〒156-0043 東京都世田谷区松原6-37-10 世田谷区立保健医療福祉総合プラザ1階
  • 03-6379-4280
メニュー